賃貸物件を探すときに決めておく条件の決め方とは?

賃貸物件を探すときに決めておく条件の決め方とは?

男女

部屋探しで大切なこと

部屋探しで大切なことは、どんな部屋に住みたいのかを考えておくことです。人によって住みたい部屋が違いますし、毎月支払える家賃の金額も違うでしょう。それに、部屋の設備に関しても決めておかなければ、物件探しをしてもなかなか見つからない状態になります。ここでは、物件探しで役立つ部屋の条件の決め方をご紹介します。

間取り

住みたい範囲を決める

例えば、城東区で住もうと思っているのなら城東区のどこに住みたいのかを考える必要があります。最寄りの駅から徒歩圏内がいいのか、自転車で行ける範囲ならいいのかなどです。また、駅から離れると家賃が安くなりますし、駅に近いと家賃が高くなります。こういった部分も踏まえて城東区のどこに住みたいのか決めましょう。

男女

毎月支払える家賃を決める

賃貸契約を結ぶにおいて最も重要なことは、毎月支払える家賃の金額です。一般的には、一カ月の収入の三分の一といわれています。例えば、月15万円の収入であれば家賃は5万円以下のところが望ましいでしょう。住みたいところがどういったところなのか考えて家賃を決めるのもいいかもしれません。

人気の部屋はどんな感じ?ランキングでご紹介!

部屋
no.1

トイレ風呂別のセパレート物件

圧倒的に人気なのはやっぱりトイレとお風呂が別になっているセパレート物件です。最近は、安い家賃でもセパレートになっている物件が増えており、部屋探しのときに条件として提示する人が増えてきています。

no.2

室内に洗濯機を設置できる

室内に洗濯機を設置するのを希望する人が多いので部屋探しの条件として入れる人が増えています。室内であれば、夜でも洗濯機を回すことができるので仕事やアルバイトの終わる時間が遅い人におすすめの設備です。

no.3

独立洗面台も人気

女性の一人暮らしで条件に入れることが多いのは、独立洗面台の設置です。化粧品やドライヤーなどを収納できるので、女性にとって有難い設備になっています。設置している賃貸物件が増えてきており、条件に入れて探しやすくなっています。

広告募集中